詐欺被害報告が遅れました。

何を言っているか分からないと思いますが、そういう事です。

 

先日A8フェスティバルin横浜に参加するためにヒッチハイクに挑戦すると予告しました。

【予告】ヒッチハイクに挑戦(A8フェスティバルin横浜)

 

前日(金曜)に池袋のホテルに前泊して、A8フェス当日、電車で横浜入りする予定でした。

詐欺被害に遭ったのはA8フェス前日の夜です。

 

キャッチ詐欺被害の一部始終

池袋でキャッチに案内され、クラブに飲みに行ったのですが…そこで請求された金額は、目玉が飛び出るような高額(!)

「とても払えない」と断ったのですが、怖いお兄さん達が登場して逃げられなくなり…30分ほどやり取りをして、結局、高額な料金を支払ってしまいました。

密室で周りは敵だらけ。とにかく、その場から逃れたい…という一心で金を払ってしまい、また「警察に相談すれば何とかなるだろう」と楽観視していたというのもあります。

 

店を出たあと、別のキャッチ風の男に声をかけられました。

「大丈夫ですか?この店、ぼったくり被害が多発している店なんですよ」

 

やっぱりそうなのか…と思い、少し話したところ、キャッチの男が

「僕の知り合いなら、お金を取り返せるかもしれない。相談してみますか?」

 

と提案され、現れたのが…ヤクザ風の男。(ここ一帯のヤクザの幹部らしい?)

「兄さんがぼったくり被害に遭ったのは、俺たちと敵対するヤクザ組織だ。ここは俺たちのテリトリーなのにいい迷惑だ」

と、話を聞いている内に、更に2人が現れます。2人とも真面目そうな好青年風の男です。

 

2人とも「この幹部の人は信頼できますよ」とかなり推すので、僕もついつい、このヤクザ風の男を信頼してしまったのです。

 

そして「兵隊を動員するから○○万円用意してくれ」と言ってきました。

「兵隊を動員すれば間違いなくお金を取り返せる。信頼してくれ」と。

 

(…え?ぼったくり被害に遭ってこれ以上、お金が必要なの?ていうか、このヤクザ風の男もぼったくりバーとグルじゃないのか?)

と疑いましたが…

 

僕の周囲の人達がこぞって「大丈夫、絶対にお金は戻ってくるから、安心して」「今までも似たような事があった。お金が戻ってこなこなかった事はない」と何度も言われ…つい、指定どおりにお金を支払ってしまったのです。

 

というか、ぼったくり被害に遭った時点で銀行の口座が「ほぼ0円」になっていたのですが、そのヤクザ風の男に言われるがままにクレジットカードの限度額までお金を引き出してお金を支払ってしまいました。

 

今思えば、正常な判断ができない状態だったんですね…

 

お金を払ってしまったら、あとはどうにもなりません。

ヤクザ幹部風の男が「お兄ちゃんのお金を取り返したら、指定の口座に振り込むから安心して」と言っていましたが、もちろん嘘でした。

 

もちろん警察にも相談しましたが、どうにもなりませんでした。

 

警察いわく「お金を騙し取れた」という証拠がないので、逮捕もできないし、お金を取り戻すことも不可能だそうです。

 

リアルに自殺を考えました。

 

2018年7月20日

…こうして僕は一夜にして貯金ゼロ、多額のカードローンを抱える身となってしまいました。

 

ランキング参加中です。
もし今回の記事が参考になったのであれば、
クリックして応援して頂けると嬉しいです。
↓↓↓
人気ブログランキング